オリコカードのオリコポイントと暮らスマイルの違いとは?

信販業界大手であるオリエントコーポレーションの発行するオリコカードのポイントサービスは過去「暮らスマイル」のみでしたが、新たに「オリコポイント」のサービスが加わったため、オリコポイントと暮らスマイルという別々のポイントサービスが提供されることになりました。

ただ、1枚のカードで2つのポイントが付与されることは無く、オリコカードの種類によって付与ポイントが決められています。

なお、オリコポイントと暮らスマイルではポイントのサービス内容や還元率が異なるため、得られるポイント数にも違いがあります。

オリコポイントとは?

オリコポイントは100円の利用ごとに1ポイントが貯まります。そして、1ポイントが1円相当の価値であるため、ポイント還元率は1.0%です。

なお、オリコのネットショッピングモール「オリコモール」を利用すると、オリコモールの利用ポイントが加算され、ポイント還元率は2.0%以上になります。

オリコポイントの交換先

オリコポイントは「オリコポイントゲートウェイ」という会員サイトを通じて、以下のものなどと交換できます。

Amazonギフト券やLINEギフトコード、iTunesギフトコード、nanacoギフトコードなどのギフトコードの他、WAONポイント、Tポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、JALマイルなどの提携ポイントへの交換ができます。

オリコポイントの付与されるカード

カード年会費国際ブランド
Orico Card THE POINT(ザポイント)無料mastercard、VISA、JCB
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(ザポイント・プレミアムゴールド)1,950円mastercard
Orico Card THE WORLD(ザワールド)9,800円mastercard、VISA
Orico Card THE PLATINUM(ザプラチナ)20,000円mastercard

すべてのカードが電子マネーのiDやQUICKPayとの一体型になっています。

暮らスマイルとは?

暮らスマイルは1,000円の利用ごとに1スマイルが貯まります。

暮らスマイルは1スマイルが5円相当であるため、暮らスマイルのポイント還元率はオリコポイントの半分の0.5%です。

なお、暮らスマイルは1年間のカード利用金額に応じたステージ制が採られており、ステージランクごとにボーナススマイルが与えられます。

1年間に50万円以上のカード利用でスマイルが1.5倍、100万円以上でスマイルが1.7倍、200万円以上だとスマイルが2倍に上がります。つまり、1年間に50万円以上カードを利用すると、ポイント還元率は0.75%となります。

そして、貯まった暮らスマイルは1スマイルを5ポイントのオリコポイントに交換することができます(1スマイル単位)。

暮らスマイルの交換先

暮らスマイルの交換はカタログ商品(食品、お酒、電化製品、雑貨など)の中から選択します。

暮らスマイルの付与されるカード

iBやJEWEL-G iD、オリコカード、UPtyなど、前記のオリコポイントの付与される4種類のカード以外のカードすべてです。

客観的に見て、オリコポイントの方が暮らスマイルより利便性の点で優れています。また、個々のカードでも、Orico Card THE POINT(ザポイント)は年会費が無料の上、サービスの特典も幅広くなっています。

ちなみにオリコのカードローンがありますが、カードローンはおまとめローンおすすめと言われていますが、実際にはおすすめではありません。

金利は消費者金融並みに高いので、銀行カードローンでおまとめできる人ならば、圧倒的に銀行カードローンをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です